portfolio website templates
テレ子機は、海外のルーターに有線で取り付けるだけで親機テレパソと自動通信できるファイルサーバーとなるほか、日本のホットスポットとつながるVPNXとしてのご利用も可能となります。
リモコン1つでフルコントロール
テレ子機を1台海外に導入されますと、日本に設置してあるテレパソとVPNサーバーに自動接続を行います。テレ子機の構築するVPNホットWiFiスポットに海外でお使いのAppleTVやAmazon Fire Stickを接続することでこれらのリモコン1つで日本のテレビ、リアルタイム視聴、録画再生のほか、Huluなどのオンディマンドコンテンツのフル操作ができるようになります。

録画ファイルは全てローカル再生
テレ子機は、テレパソ(日本)での録画処理終了と同時に番組ファイルをテレ子機に搭載されているハードドライブ内に自動転送します。テレ子機は家中のWiFiで探知できますので、アイコン1つクリックするだけで番組再生が可能となります。家中どこからでもどの機器でもPLEXというアプリを使えば超簡単に再生できるようになります。

PC不要で録画予約
テレ子機搭載のVPNXでは、数字を入力するだけで日本のテレパソに簡単にアクセスできるようになります。録画予約も画面1つですぐ終了。面倒なアプリのインストールや接続キーなどは一切不要になりました。お手持ちの機器をVPNXのWiFiに繋げるだけで日本のテレパソに簡単にアクセスできるようになります。

様々な機器に対応
AppleTVに限らず、Amazon Fire Stickでも同じことが可能です。VLCアプリでライブ視聴。PLEXアプリで録画視聴。あとはオンディマンドコンテンツの視聴も自由自在です。また、AlexaやGoogle Homeのようなメディアスピーカーなどにも対応しております。Google Homeではラジコ(民放)やらじるらじる(NHK)に対応しているので、”OK google, TBSラジオつけて” というだけでラジオの再生も海外から行えるようになります。Alexa, Google Homeもテレ子機のVPNXのネットワークWiFiに接続しておくだけで日本と全く同じように利用することができるようになります。

銀行、仮想通貨にも対応
海外におられる場合、日本の銀行のご利用や仮想通貨などの取引などにも日本の自宅回線を利用することで、安全性を確保できます。業者のVPNサーバーを経由するのとは違い自宅のVPNサーバーを経由させるのでデータの漏洩などの心配は一切不要!日本の自宅にいる時と変わらないアクセスが保証されます。


ご利用までの流れ

1. 海外側で機器の設置後、電源を入れてからご連絡いただきます。(専用ヘルプデスクをご利用)

2. 弊社で日本側のテレパソと紐付けを行います。

3. AppleTV、Amazon Fire、PC、モバイル、ゲーム機などをテレ子機のWiFiにつなげて日本接続でご利用いただけます。

海外側での流れ
テレ子機
WATCHJTV © 2020