通常日本でテレビを見る時は、録画するためのレコーダーにテレビを取り付けて視聴しますよね。ところが、この方法では日本のテレビは海外から視聴できません。そこで、テレビの代わりにテレパソ一式を取り付けます。そのことで、海外のテレビで日本のテレビを視聴できる環境を構築できるようになります。

テレパソは、レコーダーからのアンテナシグナルをインターネットシグナルに変えることができる機器です。インターネットで転送できるシグナルに処理することで、インターネットというインフラを使ってご自宅のアンテナシグナルを海外のご自宅まで転送することができるようになります。

海外からの視聴方法

ストリーミング再生 VS ダウンロード再生

海外から日本の自宅のテレビを視聴するには大きく分けて2つの方法があります。1つは回線速度に依存するストリーミング再生。もう1つは回線速度に依存しないダウンロード再生です。テレパソはどちらの再生にも対応しています。海外では国際回線を使いますので、ダウンロード再生は必須です。

ストリーミング再生は、インターネット回線が十分なければ視聴が出来ない方法です。録画したデータは日本側にありそのデータを海外から再生させて見る方法です。この方法では手元にファイルは残りません。また、インターネット環境がない場合は視聴ができません。画面がカクカクする、画質が高画質で視聴できないといった問題は、再生方法がストリーミング再生のために起きるものです。ほとんどの同業他社の機器はこの機能しかありません。


一方テレパソの大きな特徴であるダウンロード再生では、録画データを海外まで転送し再生するのは海外からとなるため、インターネットの回線速度には一切依存せず再生することができます。ファイルは手元にある状態ですので、USBスティックなどで持ち歩き別の場所で見ることも簡単にできます。実はこの機能が海外在住者にとってはとっても重要なのです。国内でインターネットを使う分には特に問題はなくとも、日本とつなぐ場合は国際回線を通ります。国際回線の速度は国内回線に比べて10分の1まで速度が落ちますのでテレビのような大きなデータを転送するには、とても負担がかかるのです。

 

どちらが快適なのか?

ストリーミング再生 VS ダウンロード再生

ストリーミング再生を利用すると ダウンロード再生を利用すると
1. 回線の速度によって画質が変わってしまう。
2. 回線が追いつかずカクカク止まってしまう。
3. 1台につき1機種でしか視聴できない。
4. 回線を占有する為、同じ回線で利用しているネットの速度が遅くなる。
5. 高額なパケット料金がかかってしまう。
6. 回線が悪い時は諦める。
1. 画質は常に高画質で視聴が100%保証される。
2. 100%カクカク止まることなく確実にスムース再生可。
3. 何台の機器でも視聴ができる。
4. 回線を使うのは1度なので従量制環境でも回線負担が少ない。
5. 飛行機の機内やつながりにくい建物の中、地下鉄等でも再生可能。
6. 永久保存、編集、DVDへの書き込みなどもできる。

 

番組自動ダウンロード

download-desktop
例えばお母さんが昼間にドラマを見て、お父さんが同じドラマを夜に見ても回線に一切負担がかかる事なく何度でも視聴ができます。またファイルをテレビライブラリーとして、保存、編集も可能なのです。
download3

 

WatchJTV © 2019