ThinVPNソフトで日本のご両親のサポートに挑戦!




HTML5対応のWebブラウザーでテレパソのある場所のWindowsコンピュータの遠隔操作を海外から可能にする事ができるようになります。

状況をわかりやすくする為に状況を例をあげてご説明しますと、テレパソは日本のご両親宅に設置済(VPN機能ON)。娘さんは海外におり、テレパソのある場所で使っているお母様のコンピュータにトラブルが起きてしまった為に、海外の娘さんのPCからお母様のコンピュータを遠隔で操作するという事がこれ以降の作業で出来る様になります。

テレパソを設置し渡航前にアクセスしたいコンピュータにソフトをインストールしておく必要がございます。(日本の方がご自身でできるということであればインストールまでは行っていただく必要がございます。


 
 

準備編

無料ライセンスの登録をします。(登録をしてライセンスキーを取得すれば無料でご利用いただけます。)
http://www.cybelesoft.com/thinvnc/free-license.aspx

 

thin-vpn-free-license

 

E-mailでライセンスキーが送られてきます。

thin-vpn-mail

 

日本のテレパソのある場所のWINDOWSコンピュータに下記のプログラムをインストールします。

 

ソフトのダウンロードをします。
http://www.cybelesoft.com/download/

 

thin-vpn-program-download

 

thin-vpn-allow

 

インストールが完了しますと右下にアイコンが現れます。(現れない場合で矢印がある場合はそこをクリックすると現れます。)Settingを選択してください。

thin-vpn-settings

 

License のところに、登録されたE-mailアドレスと先ほどのE-mailで返信されてきたライセンスキーを入力します。

 

thin-vpn-lisence-input

 

Communications のタブを開き、Bind to IP の数字とProtocolが HTTPS (Sが最後についている事)を確認してください。(この数字でアクセスしてゆきますのでメモをとっておいてください。)

https://(BindIP):8081 というのはアクセス用のアドレスとなります。下記を例にしますと、https://10.0.1.5:8081 というのがアクセスアドレスになります。

 

thin-vpn-https

 

Security のタブからUSERとパスワードを設定してください。(遠隔からログインする際にはこのパスワードでのログインとなります。)

thin-vpn-setup-password

これで設定は完了です。
 
 

アクセス編

 

Thin VPNをしたコンピュータにログインをしてみます。テストする場所がコンピュータのある場所と同じ場合は、別のコンピュータからアドレスバーでアクセスしていただければ結構です。

thin-vpn-access

Thin VPNがない場所(海外)からこのコンピュータにアクセスする場合は、海外のPCからテレパソ機能のVPN接続につなぎます。
mac-connect

VPN接続が完了したあとに、ブラウザーのアドレスバーにアドレスをタイプして遠隔操作が可能となります。

thin-vpn-access
iPadでもアクセスができます。OpenVPN接続をしてから、Safari(サファリ)ブラウザーを開きアドレスをタイプしていただくだけです。
openVPN-access

 

thin-vpn-access

相手のコンピュータの電源はオンである必要がございます。
テレパソはテレビを見るだけではなく、このようなご利用方法も可能となります。日本側でご両親のちょっとしたトラブルなども解消してあげる事ができます。海外に限らず日本にご帰国されてもサポートしてあげる事ができますのでテレパソは帰国後も活用できます。
海外で日本のテレビ © 2016