HDテレパソ

all-devices2

テレパソはこのように今お使いの海外のテレビをつけただけで日本と変わらないHD画質で日本の番組を再生することができる環境を構築できるテレビ録画サーバーシステムです。画質はとにかくきれいです。海外でお使いの大画面テレビでも日本で視聴する画質と変わらない画像で視聴ができるようになります。

テレビ録画サーバーの仕組み

テレパソ一式はすべて日本のご自宅に設置します。海外に設置するものはありません。(海外のテレビで視聴する場合はAppleTVを設置すると便利です。)

tv-haisen800
日本ではこのようにテレビとインターネットは繋がっていないのが通常です。これはアンテナシグナルとインターネットシグナルは全く別のシグナルになるためインターネットではアンテナシグナルを解読できないためです。そこで、
telepaso-haisen800

アンテナシグナルをインターネットシグナルに変えることができる機器をレコーダとテレパソの間に設置することでテレパソがそのデータを取り込み、インターネットで海外に転送するということができるようになります。日本のご自宅のアンテナシグナルを海外からフル操作することができるようになるのがテレパソです。

海外からの視聴方法

海外から自宅のテレビを視聴するには大きく分けて2つの方法があります。1つは回線速度に依存するストリーミング再生。インターネット回線がなければ視聴が出来ない方法です。この方法では手元にファイルは残りません。

download2

ストリーミング再生の不利点

1. 回線の速度によって画質が変わってしまう。(海外では低画質で視聴できればましという程度になります。)
2. 回線が追いつかずカクカク止まってしまう。
3. 1台につき1機種でしか視聴できない。
4. 回線を占有する為、同じ自宅内で利用しているインターネットの速度が遅くなる。
5. 高額なパケット料金がかかってしまう。
海外(アメリカ)では、日本とは違いデータ無制限無料という時代は既に終わっています。以下はiPhoneのAT&Tのプランです。データ無料というプランはなく、最高で50GB。しかしこのお値段!月々$415ドル(4万円以上)です。
つまり、回線環境が常に必要な海外ではストリーミング再生はかなりのお金の無駄遣いになってしまうのです。
att

もう1つの方法は、番組ファイルをダウンロードしてから視聴する方法です。ダウンロード中は視聴ができませんが手元に番組がファイルとして残ります。テレパソのダウンロード視聴を利用すれば、たった1回ダウンロードするだけでファイルとして保存出来るためあとは回線なしで何度でも再生ができます。ダウンロードされたファイルは複数の機種で同時再生もできます。

日本国内であればさほど問題はないのですが、海外からの視聴は回線環境が非常に不安定かつ低速ですので回線速度に頼るストリーミング再生というのは実はあまり使い勝手のよいものではありません。(弊社のテレパソは、ストリーミング再生とダウンロード再生の2種類ご利用いただけますが、現行ユーザーの殆どがダウンロード視聴でご利用されております。)ストリーミング再生では、テレビを見るたびに回線を利用しなければならず、例えばオーストラリアなどではまだ従量制でご利用の方もおられますので、データをストリーミングすればする程、インターネット回線料金が高くなってしまいます。ストリーミング再生は常に回線を使うので海外では様々な不利点があげられます。

download-desktop
例えばお母さんが昼間にドラマを見て、お父さんが同じドラマを夜に見ても回線に一切負担がかかる事なく何度でも視聴ができます。またファイルをテレビライブラリーとして、保存、編集も可能なのです。
download3

 

ダウンロード再生の利点

1. 画質は常に高画質で視聴ができる。(1920 x 1080 で日本と変わらない画像で視聴が可能)
2. 100%カクカク止まることなく確実にスムース再生ができる。
3. 何台の機器でも視聴ができる。
4. 回線を使うのは1回きりなので従量制のインターネット環境でも回線負担が少ない。
5. 回線のない飛行機の機内やつながりにくい建物の中、地下鉄等でも再生に全く問題がない。
6. 永久保存、編集、DVDへの書き込みなどもできる。

録画予約も簡単!

テレパソは一度設置してしまえばすべてのプロセスを自動化することができます。

海外で日本のテレビ © 2016