海外のテレビでHULUを日本語字幕で見る方法

26 Aug 2015



 

netflix-ondemand

 

最近、NETFLIXやHuluなどといったオンディマンドがアメリカで大ブームですが、ついに日本にもNETFLIXが上陸します。そもそもNETFLIXやHuluというのはどのようなサービスかと言いますと、テレビや映画館で行っていた番組や映画をインターネットで配信するというものになります。日本ではこのほかU-NEXTというサイトも有名ですがどのサービスも残念ながら海外からのアクセスはできません。

 

なぜ海外からのアクセスができないのか?

海外からアクセスができない原因は、アクセスしている場所でお使いのPCやスマホに付随されているIPアドレスというものが原因です。これは発信機器の場所を特定するもので海外からのIPアドレスでは日本国内のHuluにはアクセスができないよう、Hulu側でそのように設定をしているためになります。しかし、一旦日本の自宅にアクセスをしてからHuluにアクセスするというワンステップ余計なアクセスをすることで、海外からでも日本のHuluにアクセスができるようになります。

仕組みは簡単です。海外から直接日本のHuluにアクセスをせず、一旦自宅に立ち寄ってから出直すのです。このような接続をVPN接続と呼びます。

 

VPN接続は何のために使うもの?

VPN接続というのはそもそもは企業で使われるものでした。出先のコンピュータから会社のシステムにアクセスする為の特殊な専用トンネルのようなものです。VPNキーを持った人だけがそのトンネル内から会社のシステムにアクセスできるというわけです。そのトンネルを海外の自宅から日本の自宅につなげることで自分しか通れない専用トンネルを作ることができます。つまり自分だけのどこでもドアのようなものです。専用のトンネルなので非常に安全で安心して通ることができます。またすべてのデータは暗号化されるのでデータが漏れることもありません。(パスワードなど)さらには日本の自宅へのアクセスですので自分の身内しか使っていない安全なネットワークからHuluにアクセスができるということになるわけです。

 

VPNを構築するのは難しい?

VPNというのは専門の知識が必要ですので自分で行うのは少々敷居が高いかもしれません。VPNを利用する方法としては、

 

1. 業者の無料サービス、有料サービスを利用するもの。

2. 日本の自宅にVPNサーバーを設置するもの。(ウィンドウズやマックなど)

3. ルーターにVPN機能を設定する。

などの方法がございます。一番簡単な方法は、業者のサービスを利用するものですが、これは全く見ず知らずの人と接続を共有するものです。VPNというのはその特徴として身分を隠すという意味で使う人も大変多くおります。例えば、実際にあった事件では、VPN接続を利用し身元を隠しながら掲示板などに脅迫めいた書き込みをしたり、人のPCをVPN接続を経由したアクセスで遠隔操作するという事件も実際に多々起きております。つまり、どんな人と同じネットワークに乗っているかがわからないのがVPN接続とも言えますのでできる限り日本の自宅に設置されるのが理想と言えると思います。

 

日本の自宅にVPNを設置する

一昔前まではVPNの構築は簡単なものではありませんでしたが、コンピュータの小型化などにより一般のご家庭でも簡単にVPNの構築ができるようになりました。テレパソシステムをすでにお持ちの方であれば、VPNのサーバー機能をテレパソ内に組み込むことができます。テレパソをお持ちでないというかたでも、このような小さなオンディマンドスティックをテレビに差すことで簡単にVPNサーバーを構築することができます。

テレパソをお持ちでない場合は、日本のご自宅のテレビ(テレビはつけておく必要はありません。)のHDMIスロットに “オンディマンドスティック”をさしていただき、インターネットに繋げていただくだけで設置は完了です。(専門的な設定はすべて弊社で行います。)後は、もう1本のスティックを海外側のテレビにつなぎ海外のインターネットとつなぐだけ。これだけでスティック同士が通信し日本と海外の専用トンネルを構築してくれます。

アクセスはすべて暗号化された専用キーでアクセスしますので第三者は絶対に入り込むことができない強固なトンネルです。

 

テレビをつければVPN接続

日本側はインターネットにのっていれさえすればあとは何もする必要はありません。必要なのは海外のテレビをつけていただきHulu(日本版)のアイコンをクリックするだけ。VPNの接続設定や接続認証何も不要です。すべて自動でVPN接続につながります。つまり知らないうちに海外のテレビが日本のスマートTVに大変身するわけです。驚くべき時代がやってきたものです。

 

vpn-server-client

 

テレパソをすでにご利用の方、またはご購入ご検討中の方は日本側のスティックは不要です。テレパソ内にVPNサーバーを設置できますので、海外側のみスティックをさしていただくことでご利用いただけます。テレパソをご利用になりますと、Huluなど以外にも日本で受信できるすべての地上波、BS、CSを海外のテレビでご利用いただくことができるようになります。さらに録画ファイルをダウンロードできるため、回線に依存しないフルHDの綺麗な画像で大画面にでの視聴も可能となります。

 

テレパソとオンディマンドスティックの違いは?

オンディマンドスティックは、あくまでも海外と日本を繋ぐための専用トンネルです。そもそもHulu(日本版)は海外からはアクセスができませんので、この専用トンネルを通ることで海外からでもアクセスができるというご理解になります。また、このスティックを海外側のテレビにさすだけで自動でVPN接続がされますので面倒な設定は一切不要でテレビをつければすぐに日本の世界ということが実現いたします。テレビで日本のHuluを日本語字幕で見るのがメイン。という方には非常に便利にご利用いただけると思います。(海外のテレビで日本語字幕でHuluが見れる!)

 

netflix-jimaku

 

VPNというのはそもそも2つがついになって成り立つ接続です。トンネルの入り口と出口にあたります。入り口を海外とすれば出口は、日本の自宅となるわけです。先ほど申し上げた業者の利用などは海外の入り口から業者(日本)の出口につながるということになるわけです。出口は、日本のご自宅にする方がどれだけ安全かということがご理解いただけるのではないかと思います。

テレパソユーザーの方は、VPNの機能もこの機器の中に搭載しているため日本に対のスティックを設置する必要はありません。テレパソと海外のメディアスティックで通信ができます。(テレビで使いたいが場合)テレパソとオンディマンドスティックの大きな違いは、テレパソでは地上波アンテナ、BS、CSも丸ごと海外のテレビに運べるという点です。(VPNだけではこれはできません。)

 

 

telepaso-with-diga

 

日本側ではテレビを録画する時にレコーダーを利用すると思います。そのレコーダーからテレビを外しテレビを海外に持ってきたようなイメージのことがテレパソではできるようになります。考えられないミラクルなことです。今お使いのレコーダー(推奨は弊社推奨機器ですがご相談ください。)にテレパソ一式をつなぎます。通常はテレビの録画はレコーダーにさせるものですが、レコーダーにさせてしまうとレコーダーからのみしか再生できなくなります。(非常に不便です)

 

しかし、上記のような配線にしテレパソに録画をさせることで、インターネットで転送できるファイルを既成することができるようになります。家電はそもそもインターネットと繋げるというコンセプトはなかったものですから、インターネットで運べるファイル形式と家電で再生するファイル形式というものが大きく違うわけです。テレパソはPCですのでPCで処理したものであればインターネットで簡単に転送ができます。

 

もちろんリアルタイムも可能ですが、海外では回線が安定しないので一旦録画をしてから海外までダウンロードするということは、海外に行ってから皆さん “テレパソにしてよかった” と言っていただく瞬間でもあります。海外の回線は想像を絶するほど低速なのです。

 

 

回線速度について

海外の回線速度を単純計算で知るには下記の方法が便利です。VPNサーバー(テレパソも同様)を設置するには日本側では上りの速度(インターネットには電車のように上り、下りという2回線があります。広告で並べている数字はすべて下りの数字ですので上りの速度をご確認ください。)光ファイバーの場合は、上りも下りも同速ですのであまりきにすることはありません。例えば光ファイバーの場合、100Mbpsというようなプランでご利用の場合、実速(実際に出る速度)というのがおおよそ3分の1程度になります。ここでは30Mbpsということです。これは国内で出る速度ですのでここからが重要になります。

 

国内では30Mbpsでますが、国外にでると国際回線を利用するため、その速度はおおよそ10分の1になります。つまり30Mbps日本ででていても、海外に出れば3Mbpsになると言うことになります。またその間にはたくさんの拠点が存在してきますので、1箇所で障害が起きればたちまち減速します。

 

動画の場合1.5Mbps程度あれば高画質でみれますが、実際にはコンスタントに2Mbps程度ある必要があります。というのは、インターネットというのは直線ではなく波形のためです。上下に速度が移動する波形のため、波形の最高速度と最低速度の中間点では安定した視聴はできないためです。海外から画像がカクカク止まってしまうのは、まさにこの波形が原因で、速度が速い時はスムーズに、速度が低下(波形の一番下)の時は停止するという繰り返しが続くためなのです。ですので速度が最低(波形の一番下の数値)は最低でも1Mbpsなければ安定して高画質は海外から視聴できないという計算になります。

 

日本との大きな違い

日本は回線が非常に高速なので海外の事情については行ってみなければわからない。というのが現実だと思います。多くのテレパソユーザーの方も”このインドの環境は想像以上に低速だったので、やっぱりテレパソにしてよかったです。録画を転送できなかったら全く視聴できなかったところでした。” というようなご連絡よくいただきます。テレビの動画データは写真や音楽とは違い膨大なデータ量のため、日本と海外を高画質でつなぐには回線速度が必須になってきます。

 

HULU(日本版)を海外のテレビで見る方法

PCでVPN、iPhoneでVPNというのは一般的になりつつありますが、海外のテレビのみでVPNというのはおそらく弊社が初めての試みになると思います。テレビにさすだけで今お使いの海外のテレビが日本のテレビに早変わり!PCは一切不要。めちゃくちゃ便利な時代になりました。

設置はさすだけ。設定は自宅の無線インターネットにつなぐだけ。たったこれだけであとはすべて弊社のエンジニアが設定を行います。難しい設定はすべてお任せください。WatchJTVのすべての製品は、設置のみ。難しい設定はすべてエンジニアが行います。

 

海外生活がもっと日本に近づきます。

 

詳しくはお問い合わせください。

http://www.watchjtv.com/#contacts

 

 

 

海外で日本のテレビ © 2016