今秋日本上陸!NETFLIXも日本語字幕で海外から




netflix

映像配信サービスNETFLIXとは?

アメリカで大ブームを引き起こしている次世代テレビ”NETFLIX”がついに2015年秋に日本に上陸します。現在会員数はうなぎのぼりで全世界で5000万人以上と言われており、世界最大手の映像配信サービスまで成長しています。NETFLIXを一躍有名にした作品 “House of Cards”はNETFLIX会員限定作品で、これまでのオンディマンドの常識を大幅に覆したことで大きな話題となりました。日本でもテニスの錦織選手独占放送権を持つWOWOWの会員数が急上昇するなど、NETFLIX的ビジネスモデルは定着しつつあります。

近日テレビの視聴率の大幅低下に伴い、各テレビ局もオンディマンド化に乗り出してきました。NHKオンディマンド、日テレオンディマンド、TBSオンディマンド、テレ朝オンディマンド、テレビ東京オンディマンド、フジテレビオンディマンドなどなど、現在ではほとんどのテレビ局がオンディマンドチャンネルを持っています。テレビ離れが進む若い世代をオンディイマンドで引き戻すことができるのか?今後テレビ業界では大きな改革が見込まれます。

テレビ放送とオンディマンドの違いとは?

そもそもテレビ放送とオンディマンドの大きな違いは配信方法です。テレビ放送はアンテナ線から配信され、直接テレビやレコーダーなどにつなぎ視聴します。これに対して、オンディマンドはインターネットで映像を配信。アンテナ線がなくてもインターネット環境さえあれば視聴ができるようになります。裏を返せば、テレビは不要でコンピュータやスマホだけでテレビがみれる環境が整ってしまうのです。
一昔前のように一家団らんでテレビの前に座って同じものを見るという時代から、自分の時間にあわせて好きな時に好きな機器で視聴するというフリースタイルがNETFLIXのようなサービスとうまくマッチしたのが大ブームの要因ではないかと思われます。

海外在住の落とし穴

テレビが海外から視聴できないように、オンディマンドにも国外制限というものがかけられています。日本のオンディマンドサイトには海外からはアクセスができません。すべてのサービスは日本国内からのアクセスとなっているためです。その代わりに、アメリカに渡航されれば、アメリカのNETFLIXが視聴できるようになりますが残念ながら日本版のNETFLIX(今秋開通予定)は視聴ができません。これは物理的にコンピューターがアメリカにあるためです。
もしコンピュータが日本にあれば。。。もちろん日本のNETFLIXにアクセスができるようになるわけですが物理的にコンピュータを移動することは現実的ではありません。しかし物理的ではなく仮想的にということであれば手元にあるコンピュータを日本に移動することができます。それがVPNという接続です。
VPNという接続は(バーチャルプライベートネットワーク)の頭文字をとったものでその名の通りバーチャル(仮想的)にプライベート(個人の)ネットワーク(インターネット接続)を作ることができる特殊な接続方法です。難しい話になってきますので簡単に説明しますと、海外で使っている手元のコンピュータやスマートフォンをVPN接続したその瞬間から仮想的にそれらの機器が日本の自宅に帰国してしまうイメージです。まさにドラえもんの”どこでもドア”的イメージなことが実現できるのがこのVPN接続となります。
海外のPCにVPN接続用ソフトをインストールするだけで、設定は簡単に行えます。VPN接続をしたその瞬間からその手元を離れ日本の自宅に飛んでしまいます。つまり、コンピュータだけ日本に帰国した状態です。この状態(VPN接続中)であればコンピュータは日本にいるわけですから、海外から規制されているオンディマンドも全く問題なくアクセスすることができるようになります。逆に、VPN接続中はNETFLIX(アメリカにいる場合でアメリカのNETFLIX)にはアクセスできなくなるということになります。物理的にアメリカにいても、VPN接続をすることでそのようなことができるようになるのです。

VPNの必要知識

大変便利に使えるVPN接続なのですが、実はこれはかなり高度な技術のため一般の人が簡単に自宅で設置することが難しいのが現状です。最近ではオンディマンドの普及から無料でアクセスできるVPNや業者などが一括で行うVPN接続というものがございますが、VPNの仕組みや流れを知らずに利用することで思いもかけないトラブルに巻き込まれることがあるのもまた認識しておく必要があります。

例えば、無料で使えるというピアーツーピアーのようなVPN接続。これは世界中の利用者をつなぐことでお互いに使う、使わせるという持ちつ持たれつの関係を保つことで構築されているVPNサービスです。無料、有料とあるようでが、このようなサービスを利用してしまうと思わぬ事件に巻き込まれることもありますので注意が必要です。先に申し上げました通り、VPN接続したその瞬間から手元のコンピュータはVPNサーバーのある日本に飛んで行ってしまいます。つまりどこか知らない業者のサーバーの中に自分のコンピュータが入っていってしまうわけです。

弊社でご提供しているVPNはVPNサーバーがテレパソ内にインストールされています。その為VPN接続をしてもコンピュータは”日本の自宅”にゆきます。しかし業者のような仕組みの場合、他の人もVPN接続を共有していることになりますのでいろいろな人のコンピュータが混在した中の一人としてVPN接続を使うことになります。VPNというのは身元を匿名化できるという利点もあり、多くの人が違法ダウンロードや違法取引などで利用されることも多くあります。仮に、同じVPNサーバー利用者のユーザーの一人が違法的な行為をVPN経由で行った場合、そのユーザーの一人として同じVPNサーバーを利用していた人が挙げられてしまいます。これは身元が特定できないVPN接続ならではでの落とし穴でもあります。
自分の知らないうちに、自分のコンピュータのVPNを経由して違法なものが誰かの手に渡っているなどということが起きかねないという非常に怖い一面もあります。正しい知識を持って正しくVPNを使うというのは今後オンディマンドが普及してゆく中重要になってくるのではないかと思います。

VPNサーバーは日本の自宅に設置

VPN接続を海外から安全に行うには、VPNサーバーが必要です。そのVPNサーバーを日本の自宅に設置することで安全に海外から利用することができます。なぜなら、海外から自分の自宅にアクセスして自分の日本の自宅のインターネットにアクセスするので100%安全かつ確実なルートでオンディマンドを受信できる為です。業者は一切通しませんので他の人とVPNを共有するリスクもゼロとなります。

VPNサーバーの構築は簡単ではありませんが、テレパソにはVPNサーバーがすぐに使えるよう一切の設定なしでVPNサーバーを自宅で利用できるVPNサーバーを付属しておりますので一切の手間なくVPN接続を簡単に行うことができます。またVPNサーバーのみの販売もおこなっておりますので、一度ご相談ください。
2015年の秋には、NETFLIX日本版が配信されます。日本語字幕で海外のテレビでNETFLIXを安全に安心してお楽しみいただけます。これからは、テレビ1台の時代から、VPNサーバー1台の時代がすぐそこまで来ています。

詳しくはこちらから

海外で日本のテレビ © 2016