現行ユーザー様へのご案内

HDテレパソで画質が超高画質(現在のテクノロジーで可能な最高の画質)になりましたので日頃ご愛顧いただいておりますお客様には、どのような違いがあるか詳細にご案内させていただきます。

 

今迄HDというとその画質の量(データ量)から海外のインターネットで転送するのはほぼ不可能であるとされてきました。確かにHDの録画後のデータ量は1時間番組8GB(東芝HDDレコーダーレグザで録画した場合)というような膨大な量で回線の低速な海外への転送は現実的ではありませんでした。しかしここ数年インターネットの圧縮テクノロジーの進歩によりこのような膨大なHD画質のデータを大幅に圧縮し、低速な回線でもHD画質がお楽しみいただける様になりHDテレパソでは早速それらの機能を搭載したHDテレパソを開発いたしました。

 

data-ryou

 

H264

 

H.264という表記を目にされた事がある方もおられるかもしれません。これは膨大なデータを効果的に、効率よく圧縮するこの技術です。現時点では最新のテクノロジーで、大企業のビデオ配信処理に取り入れられております。この度テレパソではこのH.264の圧縮技術をテレパソに搭載する事に成功しました。その為1時間番組8GBもあるファイルを画質を落とす事なく、8分の1まで圧縮する事ができるようになりました。

 

H.264という技術で、今迄むずかしかった 1920 x 1080 の膨大なHD画質のデータを海外まで転送する事が可能になりました。テレパソでは、これに加え7種類の画面サイズ、3種類のビットレートでデータ量の調整が可能。合計21種類の画質選択からご選択いただける様になりました。

 

hd-setting

 

どのサイズで録画されてもすべてHD画質となります。例えば海外の速度が遅いインド、マレーシア、タイ、オーストラリア等といった国では、720 x 404 というような画面サイズで録画されると小さいファイルサイズながらHD画質でダウンロード速度に負担がかからない様にする事ができます。

 

反対に、アメリカ等ある程度の回線がでる環境であれば、1920 x 1080 (Lowビット)というような環境でご利用いただくと快適です。テレビで視聴するには 1920 x 1080 のサイズであれば日本でつけるテレビとほぼ変わらない画像になります。(しかしデータは8分の1迄小さくできます。)

 

それでも海外はまだまだ低速だからHDは無理だと思う。。。。という問題はHDテレパソであれば解決できます。

 

海外の回線は国によって速度がいろいろ違うことは弊社9年の実績でよく存じ上げております。その為幅広いファイルサイズでどのような環境でもHD画質で対応できるようになっております。

 

例えば、1920×1080 のサイズで設定するとこのようなサイズで画面一杯に表示されます。80インチのテレビで見ても全く劣化する事はございません。(日本で視聴するテレビとほぼ同等の画質でご利用いただけるサイズ設定です。(画像をクリックすると実際の大きさでご覧いただけます。)

 

HIGHER

 

NHKのニュースの交通情報からの一画面

 

1280×720 のサイズの場合はこちら。(画像をクリックすると実際の大きさでご覧いただけます。)

 

HIGH

 

960×540のサイズの場合はこちら。(画像をクリックすると実際の大きさでご覧いただけます。)

 

MIDDLE

 

640×360 のサイズの場合はこちら。(画像をクリックすると実際の大きさでご覧いただけます。)

 

LOW

 

320×180 のサイズの場合はこちら。(画像をクリックすると実際の大きさでご覧いただけます。)

 

LOWER

 

一番ファイルサイズの小さい画面を見ていただいてもお分かりの通りこんなに小さいのにHD画質で視聴する事ができるようになります。今迄のようなぼけた形でデータを省略するのではなくHD画質を一切崩す事なく小さくするのがこのH.264 の圧縮技術なのです。

 

HDテレパソは現在ご利用の機器と同様3機から構成されます。

 

1. テレパソ本体

 

intel-nuc-dc3217iye-ssd-60go-4go-cable-d-alim

 

こちらはHDというデータ量が多いものを高速処理する為にCorei3というインテル純正の機器を採用しております。今迄のテレパソ機種の中で一番小さい手のひらサイズとなります。

 

2. HD TVアンテナボックス

 

hdpvr_unit-back-l

 

この機器で膨大な量のHD画質をインターネットで転送できる形式に変換します。現在ご利用のTVアンテナボックス(白又は黒)とは違い処理能力が大幅に向上したHD専用機器となります。

 

3. 地デジチューナーボックス(バッファロー/アイオーデータ)

 

io-data-bscs

 

B-CASカード搭載でD端子がついている地デジチューナーボックスを利用することで、HDのコピーワンスやムーブ制限などの規制がない状態でご利用いただけます。(D端子からの出力にはシグナル規制はかかっておりません。)これらの地デジチューナーボックスを弊社の赤外線IRコントローラーでインターネットからコントロールできるようにいたします。

 

現行の機器がまだ動作している場合は、2台並列のご利用も可能です。(特殊なアクセス設定をいたしますのでご利用の際はその旨ご連絡ください。)また、完全に入れ替える場合は現行の機器とインターネット配線、アンテナ線の配線は全く同様ですので古い機器を新しい機器にそれぞれ繋げかえるとう作業だけで後は遠隔より設定を行えます。

 

配線方法の詳細は、ヘルプデスクのTX-U1のマニュアル(こちらのリンク)からご参照いただけますのでご興味のある方はご覧ください。

 


操作方法は一切変わりません。今と全く同様の操作でHDテレパソお楽しみいただけます。

 

ライブ視聴(リアルタイムの視聴)もアップル社の開発したHLSストリーミングプロトコルを搭載しましたので、HD画質で低速の回線の方でも綺麗にみれる可能性がございます。今迄無理だとあきらめていた環境でももしかすると視聴が可能になりますのでご期待ください。

 

HDテレパソは数に限りがございますのでお早めにご利用ください。また日本帰国後も同様にご利用いただけます。HDDレコーダーなど日本のテレビの下に設置する機器は録画後のファイルのサイズが膨大で非常に非効率的な録画方法です。USBでファイルサイズを拡張してもすぐに一杯になってしまうこととインターネットと連携出来ない為、外部から一切アクセス出来ず非常に不便な機器になりつつございます。HDテレパソは日本語帰国後も全く同様にご利用いただけますのでHDDレコーダーや無駄なテレビ画面等も不要になり場所がすっきりする形でご利用いただけます。

 

お申し込みはこちらよりご利用ください。HDテレパソでは、VPN、Plexサーバー、Easy iPod & AVI、ポッドキャストサーバー機能すべてパッケージでご利用いただけますので改めてオプションのご購入は不要です。

 

これ以上の画質はございません。日本での最高の画質を今迄のデータ量と変わらないサイズでご利用いただけます。是非ご検討ください。

海外で日本のテレビ © 2016