ロケフリとの違い

04 Oct 2013



 

現在ソニーのロケフリで海外でテレビを見ています。映像が荒いので新しい方法を検討しています。ロケフリとの違いを教えてください。

 

ロケフリの映像が荒いのは、日本から送るデータ量が回線環境に依存する為です。データは回線の速度量しか転送できないため必要最小限のデータしか転送出来ない為に画像が荒くなってしまうのです。

 

現状では、海外にデータを転送するには膨大なデータ量の転送が必要ですので、海外での回線量では十分でないというのが現状です。そのような海外の回線環境でも綺麗に視聴をされたいということであれば、番組データ自体を一旦海外にダウンロードするという方法が一番よいと思います。

 

このような作業はロケーションフリーなどの家電では行う事ができませんが、コンピュータならそのような事が可能となります。テレパソとロケーションフリーの最大の違いは、コンピュータと家電という違いとなります。

 

コンピュータは家電とは違い非常に柔軟な機能がたくさんございますので、地デジを取り込みファイル化し海外に転送という一貫した作業をすべて全自動で行う事ができます。家電はそれ以上の事はできませんが、コンピュータでは常に最新機能を追加し新しい機能もご利用いただける様になったりもします。

 

itune-auto

 

丸ごとダウンロードされた番組データは止まる事もなく、画像が劣化する事もなく海外で快適に視聴ができます。何度でも繰り返し視聴ができますし、モバイル等の機器に保存する事もできます。このような処理ができるのは、テレビ録画専用のコンピュータしかございません。ただし、一般的に日本で販売されているテレビ録画機能付きコンピュータは、日本で視聴をする事を前提としておりますので、残念ながら海外在住者がご利用になって快適に視聴出来るというものではございません。テレパソは、市販では販売されていない海外在住者が快適にテレビを視聴出来る機能がたくさん搭載されたテレビ録画機能付きコンピュータシステムとなります。

 

つまり、テレパソとロケーションフリーの大きな違いは、コンピュータか家電かということになるかと思います。

 

ITの技術は日々進歩しています。それに伴い新しい技術もどんどん追加されてきますが、コンピュータの場合はそのような機能もどんどん追加してゆく事ができます。買ったら次はお買い替えの家電とは違い、コンピュータはソフトのアップデートによりより高い技術や高性能な機能をどんどん追加してゆく事ができるのです。例えば、アメリカ側のテレビにAPPLETVを取り付ける事で、アメリカのテレビでの視聴が可能となります。テレビをつけて番組を選択。という簡単な作業だけでご利用いただけます。

 

まるで海外のテレビから日本の番組が流れ出すような錯覚を起こしそうな環境ですが、仕組みは簡単です。テレパソと海外でお使いのPCが面倒な作業をすべて自動化してくれる為です。

 

appletv-output

 

また海外からはアクセスができない日本のラジオ(ラジコ)映画のレンタル等もVPNというアクセスでご利用いただけるようになります。

 

海外経由でiTune映画

 

テレパソはコンピュータサーバーですので、テレビを見るだけではなく映画をレンタルしたり(TSUTAYAオンライン等)Dropboxのようなファイルサーバーとしてのご利用も可能です。1TB-4TBまで追加でご利用いただけますのでテレビばかりでなく、ファイルサーバーとしてもご活用いただけます。

 

kumopaso-3tb-kojin

 

ファイルサーバーは次世代のDropbox。全てのデータを一括して4TBに保存。ご家族の方と共有が出来る非常に便利な機能です。テレビとしてのご利用の他、海外と日本とのご家族間での情報交換ツールとしてもご利用いただけます。

 

 

海外で日本のテレビ © 2016