テレパソは “どこでもドア!”




 

kinou

 

皆さんは海外では実はいろいろな規制がある事ご存知でしょうか?規制というのは、諸外国自体が行っている規制や日本国が国内から行っているものと様々なものがございます。例えば、Hulu, Tsutaya などのオンディマンドでは海外からは視聴ができません。Amazon 等の書籍も海外からは購入できません。非常に不便です。

 

そこで、テレパソが大活躍します。テレビを見るときは日本でみます。Tsutayaでレンタルするときは日本にいます。本を買うときも日本にいます。でも自分は海外に。。。。という場合には、テレパソを日本に留守番させてください。テレパソが皆さんのかわりに日本で作業を行います。

 

どこでもドア

テレパソとは、簡単に言えばドラえもんの “どこでもドア!” なのです。つまり海外のテレパソに接続しただけでお使いのPCが日本に行くことになるのです。

 

信じられませんよねー。しかしこれがVPNというテクノロジーなのです。VPNと言われると専門用語はちょっとーーー。とされるかたも “どこでもドア”と言えばわかりやすいと思います。海外のPCをテレパソを経由して接続する事で、海外のPCが日本にタイムスリップ。(機械自体は海外に待機しますよ。もちろん。。。。(笑))とにかく不思議な事が簡単に出来る様になるのです。

 

もちろん裏での設定は、アージャコージャーアージャコージャxoekfyldithjx と言う感じで難しいのですが、これはWatchJTVのエンジニアにお任せください。難しいものはすべてテレパソにつめておきますのでどこでもドアだけつかってご利用いただけるというのがテレパソです。
 
テレパソは必要機器一式でお送りいたしますので日本側で用意される機器は一切ございません。海外に接続するAppleTVも今月のキャンペーンでは無料でプレゼントしておりますので海外で必要なものも一切ございません。青い四角の部分の配線が重要な配線となります。今あるPCと並列につなぐ事でテレパソがインターネットにのります。壁から来ているアンテナ線口にアンテナケーブルをつなぎシグナルを取り込みます。
 
これだけで、海外から日本への “どこでもドア” を簡単に構築する事が出来る様になります。
 
setting-basic
 

配線が難しい場合は、業者の手配も可能です。全国24時間体制で派遣できますのでご相談ください。
 
夏休みも近づいたきました。アメリカではあと数週間で夏休みです。今年の夏は日本のテレビ三昧しませんか?

 

海外で日本のテレビ © 2016