海外の回線は日本のADSL以下

11 Jul 2013



 

昨日から急に回線が低速になりました。今迄視聴できていたライブ視聴もとまってしまい画面がかたまりみれません。何か方法はありませんか?

 

このような事は海外ではよくございます。時間帯によって調子がいい!とか、同じ回線業者なのに前のアパートのときのほうが高速だったとか。。。。いろいろなストーリを耳にするのが海外の回線です。

 

海外ではまだ日本の一昔前のADSL以下のインフラの状態です。日本では光ファイバー、ハヤブサ、ギガビット等というとてつもないスピードが話題になっていますが海外では日本のポケットWiFiより自宅の回線が低速だったりしますから日本にお住まいの方はあまり想像は出来ないかと思います。

 

world-speed-plans

 

このようなムラのある回線環境で確実に高画質でテレビを視聴するには、データを転送するという事が必要となります。ダウンロードすることでデータが海外に送られる為過酷な環境でも快適にしかも確実に視聴出来る様になります。

 

ダウンロードができるというのは例えば、アメリカで1時間番組をダウンロードするの6分程度とした場合、インドで同じ1時間番組ダウンロードするのに1時間かかるもののダウンロード後は、アメリカでもインドでも同じ画質で視聴出来るという考え方になります。

 

回線が悪い環境ではこのように工夫して視聴することで回線環境に依存する事なく確実にご利用いただけます。ライブ視聴が固まってしまう、止まってしまうということであれば、回線が追いつかない為ですので基本的には機器では何も出来ません。細いストローにいくら大量の水を流してもストローの分しか水は通らないのと同じ事です。

 

テレパソはお使いのPCと1時間ごとに自動で通信をし新しい番組があれば自動でダウンロードができるポッドキャストサーバー機能を搭載しております。

 

getimage-5

 

面倒な作業はすべてコンピュータにお任せください。お使いのPCとテレパソは常に通信をしあい気がつけば海外のPCに日本のテレパソで録画した番組をどんどんダウンロードしてくれます。

 

テレビで視聴

 

あとはテレビでみるだけです。。。。

 

 

 

 

海外で日本のテレビ © 2016