日本のHD画質を海外から視聴出来る理由 1




 

HD画質というとデータが大きすぎて転送なんてほぼ不可能。と思われている方も多いかと思いますがご安心ください。WatchJTVのHDテレパソでは回線が低速な海外の環境でも確実にHD画像で高画質をお楽しみいただけるようになりました。

 

現在HDを日本でご利用のHDDハードディスクレコーダーなどで録画すると1時間8GBというような膨大なデータ量で録画がされます。このような膨大なデータでは海外から転送するのは現実的ではありません。HDテレパソではこの膨大なファイルをたったの1G台に圧縮する事が出来る様になりました。*
 
data-ryou
 
何故このように大幅にデータを圧縮できるのでしょうか?当然目に見えて画像が劣化するに違いないと思われる方もおられるかと思います。いいえ。そのようなことはありません。実はデータには様々な無駄なデータが存在しているのです。通常市販のHDDでは、データをそのまま録画するだけで圧縮や処理はしません。その為、本来不要な部分のデータが沢山存在するのです。
 
例えばお天気の番組で青空のもとキャスターが話しているシーン等は、空の画像や静止画像などを重複してデータとして加算してきます。
 
しかし静止画像や同じ画面の画像などは基本的に同じものなので何度もデータとして転送する必要はない情報なのです。HDDレコーダーはコンピュータではありませんので、これらの無駄な情報を計算し処理する事はできません。しかし、HDテレパソでは本来重複して表示させる必要のない一切のデータを特殊なアルゴリズムで瞬時に計算することにより非常に効率的で無駄のないファイルを作成する事が出来るのです。
 

「H.264」という最新の動画圧縮技術を搭載

 
この技術をテレパソ内に導入したことで、HDの美しい画像を劣化させる事なく高圧縮する事が出来る様になりました。今迄ご利用の初期値での録画モードでのファイルサイズと殆ど同じサイズでHD画像をご利用いただけます。「H.264」という技術はコンピュータのアルゴリズムで計算された高画質を崩す事なく圧縮する技術で非常に効率的に圧縮をすることでインターネットでも主流となっております。
 
人間の目では必要としない情報を特殊なアルゴリズムで高速計算をし取り除きながら最も効率的でHD画質を保持した極限の状態まで計算し尽くします。
 
その為、HDテレパソでは、超小型、超高速処理ができるインテルCore i3を導入。PCとしても最上級のコンピュータでのご利用となります。
 
録画ファイルサイズはご自宅の環境にあわせてこんなに沢山の選択肢が選べます。どのファイルサイズでも全ての画像はHD画質。劣化しない綺麗なHD画像でご利用いただけます。
 
hd-setting
 
最高画質で録画をすれば、海外の利便の80インチテレビでも全く問題なく再生ができます。日本のHDをそのまま海外のリビングで再現出来ます。海外のコンピュータが日本で録画処理の終わったファイルを自動探知することで録画後自動で海外のPCに転送する事が出来る他、リアルタイムでの視聴も可能です。
 
3217iye-logo
 
インテル純正の手のひらサイズの超小型パワフルPCでのご利用です。ご購入はこちらより。
 
 
 
*録画のモードは1920 x 1080 (Low)の設定値で録画したもので比較しています。ご自宅の回線環境にあわせてデータ量を細かく調整する事が可能です。

海外で日本のテレビ © 2016