1920×1080の画質。。。綺麗すぎます。




 

HDテレパソ新発売です。今度のHDテレパソは遂に!1920 x 1080 のHDを海外のテレビで視聴できるようになります。今迄の画質とは比べ物にならない程の高画質になりました。通常HDというとデータが膨大で日本で販売されている家電でも1時間番組9GBというような膨大な量のデータでとてもとても回線環境の悪い海外から視聴するということはお勧めできませんでした。

 

しかし、この度特別な圧縮技術によりそのファイルサイズを大幅に削減し日本で見る画像と変わらない画質を海外のテレビでも再現出来る様になりました。ご覧くださいこの設定!1920×1080での録画そして自動転送が可能となります。

 

hd-setting

 

HDテレパソは、ご要望が多かったのですが、データ量の多さから海外の方へのご利用は難しいとされていたものです。ところが近年特殊圧縮技術の進歩により遂にテレパソにその技術を導入する事に成功しました。長年海外からテレビをみておりますが一言

 

“なにこれ!綺麗すぎる!”

 

が感想でした。開発者ながらこの驚きと感動は忘れられません。

 

1080

 

さらに、HDテレパソにはアップル社が開発したHLSストリーミング技術をテレパソに搭載。そのことで1920×1080の高画質な画像を海外からでも綺麗に再生できるようになりました。

 

このHLSストリーミング技術というのは、非常にすばらしい技術でしてこの技術の導入がiPhone, iPad,コンピューター等全てのディバイスでHDの高画質再生を実現させてくれます。

 

どのような技術か簡単に例をあげてご説明しましょう。大根1本が1時間番組のドラマとしましょう。今迄の配信技術は1本の大根を配信する為に大根を根本から磨り下ろしては細い管(インターネット)に送り込む、磨り下ろしては送り込むというようなイメージで転送していました。

 

回線速度が遅ければ遅い程管は細くなるため大根おろしは途中で詰まってしまいます。詰まったり、抜けたり、詰まったり、抜けたりを繰り返してゆく為あまり快適に視聴はできなかったのです。

 

そこで新しい技術のHLSストリーミング再生というのはこの大根をすべて細切りにします。1本の大根で何千万本の細切りをつくるのです。細かくしたところで小さい細切りを1本ずつ管に通します。細切りなのでつまることなくどんどん細い回線でも進むというわけです。また細切りでデータを分けるため画像が乱れる事もありません。(大根おろしの状態ですと画像がぼけたり乱れたりします。)

 

アップル社が開発した非常に特殊な技術がHDの高画質も画像を保ちながら綺麗に視聴が出来る様になったというわけです。HDテレパソではこの技術を取り入れております。最高画質を細切りにし高画質を保ちながら高画質のまま海外へ運不事が可能です。海外だから見れないのではなく、海外でも日本と変わらない画質で視聴できるのがHDテレパソです。

 

今月はHDテレパソ発売記念キャンペーン$300オフ!テレパソ本体も市場ではなかなか手に入らない純正インテルの超小型コンピュータを採用。インテルCore i3に加え、SSDハードドライブ搭載。最新機種でのご案内です。

 

intel-nuc-dc3217iye-ssd-60go-4go-cable-d-alim

 

日本で視聴する画像とほぼ変わりませんので日本に帰国後も全く同様にご利用いただけます。一度使ってしまうと手放せなくなる1台です。是非ご検討ください。

 

http://watchjtv.com/shopcart/

 

よりご利用いただけます。

海外で日本のテレビ © 2016