ワールドカップ日本チームをアメリカで応援!




 

FIFAワールドカップサッカー盛り上がっていますが、ここアメリカからも盛り上がっています。今年はHDテレパソでの視聴をしています。やはりHD画質はすごく綺麗です。選手達の動きが鮮明に見えて実に感動です。

 

HDテレパソでは、画質自体ももちろん綺麗なのですがストリーミング再生技術が大幅に向上しております。現在アメリカで主流のアップル社が開発したHLSストリーミングテクノロジーを搭載。その為データを日本で細切れにしてから海外に転送することで、画質が一切低下しません。

 

data

 

旧システムで採用していたストリーミングテクノロジーでは、回線が遅い場合は画質が低下、モザイクでみにくくなる、画面が固まるとまるということがおきておりました。旧システムでは、データを丸ごと一気に転送する為無理なデータ量を細いホースに流すようなイメージの為ホースが詰まれば画質が低下するというイメージです。
 

 

この欠点を大幅に改善したHLSストリーミング再生テクノロジーでは、画質は100%低下しません。秘密はデータの転送方法にあります。膨大なHDデータを数秒ごとのデータに細切りしインターネットに流します。その事で1つ1つのデータは非常に小さく転送出来る為回線負担が非常に低くなります。

 

視聴側の海外で細切りデータを1つに繋げる事でスムーズに再生が出来るというわけです。細切りデータは一気に転送が出来る小さな量ですので画質が一切崩れる事なく転送する事ができるのです。

 
インテルの超小型コンピュータにテレビ録画サーバ、VPNサーバー、PLEXサーバー、ポッドキャストサーバー、パーソナルファイルサーバーと5つのサーバー機能を搭載できます。パーソナルファイルサーバーを追加すれば、4TBまで自由自在にデータの出しいれが海外から行う事が出来る様になります。
 
tensou-marugoto
 

kinou-ichiran
 

海外で日本のテレビ © 2016