エラー:USB IRが探知されません。

 

error_usb


このエラーが出た場合は、日本側での物理的作業が必要となります。

テレパソに取り付けられているUSBのスティック(チャンネルをコントロールするものです)が日本側での何らかの電源トラブルによってハングしてしまっている為にでるエラーとなります。(テレパソ機種によってお写真とは違う機種でご利用の場合がございますがテレパソ本体についておりますのでご確認下さい。)このスティックを一度挿し直してください。

ir-back
テレパソは24時間365日通電している機器ですので例えば夜中などに一時的な停電(一瞬停電:カチッと一瞬暗くなる停電など)がおきたような場合でも影響してしまう事がございます。

今回のエラーは、テレパソ本体が何らかの電源的不安定を察知し本体自体への影響はなかったものの、USBバス(USB接続)の部分が自動復旧できなかったということになります。

USB IRスティックのさし直し後は、テレパソにログインをしていただき、再起動ボタンで再起動をしてから手動録画予約から録画を5分してみてください。

reboot

メッセージはテスト録画が完了次第反映されますので手動録画予約をいれてから画面を更新して反映しているかご確認下さい。(付け直しただけではエラーメッセージが消えません。)

manual-recording

上記を行っても解決しない場合は、トラブルチケットにてご連絡ください。上記手順は一時的な措置となりますので次回電源トラブルが起きれば再発の可能性がございます。

ご家庭によって環境は違うかと思いますので、頻繁に起きる場合は一度UPSという電源安定装置の設置をご検討ください。電源が安定的に供給されますのでトラブルを最小限に抑える事が可能です。

 

UPSとはどのようなものか?

落雷を受けていないのにどうしてパソコンが故障するの?

雷サージという現象により、直接の落雷があった場所だけでなく、雷の発生した周辺に大きな電圧が発生する場合があります。その異常電圧の影響で、電線・電話線・TVアンテナ線など外部とつながるケーブルをとおしてパソコンに電流が流れるためです。

雷サージ現象により、外部とつながるケーブルをとおしてパソコンに電流が流れるイメージ図
(http://azby.fmworld.net/support/advice/thunder/からの抜粋)

テレパソは24時間365日通電しておりますので、雷サージ対応ストラップやUPS(電源安定装置)などをご利用ください。

UPSとは、「Uninterruptible PowerSupply」の略で、日本語では「無停電電源装置」と訳します。停電などの電源障害が発生した際に、バックアップ電源を供給しかつ雷サージから接続機器を保護し、コンピュータ機器損失やハードディスクの破損を防ぐ装置です。
ご家庭でも雷サージ、電圧低下・瞬時停電・電圧変動などのさまざまな電源障害は、モデムの破損、ネットワーク機器への障害、精密機器の破壊などを引き起こし、これらの障害の復旧には膨大な時間と費用を要します。昨今ブロードバンド環境が整い、ハードディスクを搭載したDVD/HDDレコーダー、高価な液晶テレビなどのデジタル家電が普及しており、電力障害から高価な機器を保護することは必須です。多くの機器がネットワークに常時接続されている環境の中で常にその継続的なパフォーマンスが求められています。こうした電源障害から接続機器を保護するのがUPSです。

テレパソで起こりえる現象は、電源障害や瞬時停電によるUSBスティックのハングやテレパソの各接続機器への損傷、チャンネルがきりかわらなくなるなどの障害が考えられます。他の家電とは違い24時間365日通電させるテレパソですので、問題が頻繁に起こるご家庭では、UPSの対策を強くお勧めいたします。

家庭用UPSは、こちらのリンクよりご利用いただけます。

 

 

海外で日本のテレビ © 2017