海外から電子書籍を購入する方法

07 Dec 2013
VPN



海外で不便なものの1つとして書籍があります。日本に帰国する際はどっさり雑誌や新書を買い込んでゆく方も多いのではないでしょうか?いつもみていたファッション雑誌や話題の新書。海外ではなかなか手に入りません。(サンホセには紀伊国屋がありますが、日本の2ー3倍の値段で書籍が販売されています。)

 

kinokuniya

 

 

電子書籍の活用

 

海外でも雑誌や新書。欲しいですよね。そこで朗報です。現在では紀伊国屋をはじめとしてアマゾン、楽天、講談社など様々な業者が電子書籍を販売しています。電子書籍とは、物体(本の紙面)を購入するのではなく、データーを購入するということになり、海外在住者にとっては送料もかからずディマンドは大きいのではないかと思います。

 

vivi_may

が。。。。ここで問題なのは、海外からのアクセスは規制されているということです。一部を除き海外からは現時点では電子書籍は自由に購入出来ません。キンドルのディバイスや楽天の電子リーダーの機器を日本で購入してもさあ海外からと使ってみるとビックリ。海外の書籍しかでてきません。アクセス場所により規制がされている為です。

 

 

電子書籍について

 

アクセス規制の前に、そもそも電子書籍をまだ使った事ないという方の為に具体的に電子書籍とはどのようなものかご説明いたします。通常本を買うときは冊子を購入します。電子書籍では、冊子を購入するのではなく、データを購入するということになります。例えば紀伊国屋で本を買うとしましょう。紀伊国屋のサイトからログインをして、電子書籍の項目から欲しい本をカートに入れます。すると自分のログインアカウントからその内容の書物のデータをダウンロードができるという仕組みになります。コンピュータのウェブサイトからログインをして欲しい本を購入。手持ちのコンピュータで閲覧したり、もしくは電子リーダーにダウンロードして閲覧するというのが一般的です。

 

電子書籍を購入する方法は2つの方法がございます。

 

1 WEBからコンピュータ経由で購入する(操作が簡単なのでお勧めです。)

 

2 電子リーダーの機器で直接購入する

 

 

電子書籍を読むのに必要な機器

 

最近ではiPad, iPhoneをはじめとしアマゾンのKindle,楽天Kobo, iPad, iPhone, Sony, パナソニックなどいろいろな電子リーダー機器がございますが電子書籍を読むには電子リーダーがなくてもコンピュータで閲覧する事も可能ですので必ずしもこれらのディバイスがなければならないというものではございません。まずは電子書籍をどの機器で読みたいかを選択しましょう。その上でどこから本を買いたいかを選別します。

 

 

電子書籍の販売元

 

ここで混乱しがちなのが電子書籍の販売元と電子リーダー機器が一体になっているケース(例えばアマゾンKindleや楽天Koboなど)や紀伊国屋のような本だけを販売しているサイトが混在しているという点です。Kindleをもっているが紀伊国屋で本を買いたい。というケースです。

 

簡単に考えると電子書籍業者は基本的にアマゾン、楽天、紀伊国屋、アップル等があります。自分の欲しい書籍がどの業者で販売されているかによって使い分けてゆく必要があります。電子リーダで読む場合は、それぞれのアプリをダウンロードして機器にインストールする必要がございます。例えば紀伊国屋であればKinoppyというアプリをインストールすることで紀伊国屋から購入した本を読む事ができます。別々の本屋さんから購入した場合は、いちいち読むたびに購入した場所から提供されているアプリをクリックして閲覧が必要です。

 

book_smp

 

紀伊国屋(Kinoppyというアプリで利用可能)

 

アマゾン Kindle

 

楽天 Kobo

 

honto電子書籍

 

 

電子書籍の購入方法

 

欲しい本の有無によって本屋さんを選択するわけですが、本屋さんから本を買うにはまず本屋さんのサイトでアカウントの取得が必要となります。

 

kinoppy

 

そのアカウントにログインし、欲しい本をカートに入れて購入。購入した本をコンピュータ経由で電子リーダーに移動させるか、もしくは電子リーダーから直接本屋さんのアカウントにログインをしてダウンロードするという方法になります。

 

 

海外からの電子書籍の購入方法

 

残念ながら一部の業者を除いては海外から電子書籍を購入することはできません。そうなのです。海外からはいくら電子リーダーを日本で購入しても買う事が出来ないのです。

 

no-access-kinokuniya

 

これはアクセス元が海外の為海外からの注文は受け付けていないということになります。しかしテレパソを日本のご自宅に設置されている方はあきらめる必要はございません。お使いの海外のコンピュータをまず日本にあるテレパソに一旦アクセスします。そのことで海外のコンピュータは日本のLAN内のネットワークに接続されます。簡単に言えば、海外のコンピュータがどこでもドアで日本のテレパソの横に移動したという感じです。

 

 

この接続技術は企業レベルで使われているVPNという接続で非常にセキュリティーの高い仮想ネットワーク接続となります。難しい説明はさておきその接続をすることで海外のコンピュータは日本の自宅のネットワークにつながります。つまりその状態から本屋さんにアクセスをすると日本からアクセスしている事と同じ状態になりますので問題なく本が買えるというわけです。

 

vpn-network

 

本を購入後は、海外でお持ちの電子リーダーからアカウントにログインをすればアカウントにある本が自動でダウンロードされるという仕組みになります。(これは居場所は関係ないようです。)

 

kinokuniya-kounyu

 

 

 

海外からの電子書籍の購入流れ(紀伊国屋の本をiPadで購入する手順)

 

1. 海外のコンピュータでVPN接続をします。(テレパソ経由でアクセスします。テレパソがない方はこちら

 

2. VPN接続状態で、電子書籍を販売しているサイト(ここでは紀伊国屋)でアカウントを作成し(初回のみ)ログインをして購入します。

 

Screen Shot 2013-12-06 at 3.47.52 PM

 

3. 電子リーダー(ここではiPad)から電子書籍アプリKinoppyをダウンロード(iPadのAppストアー(日本)からダウンロード)

 

kinoppy-ipad

 

4. ログインで閲覧

 

kinoppy

 

書籍の購入時のみコンピュータからVPN接続して購入することができます。購入後はVPNは切断しても電子リーダー(iPad)からは自由に移動ができます。(電子リーダーは基本的に購入後の本をダウンロードするだけなのでどこでもダウンロードは可能です。)

 

 

各サイトに無料お試し版という本がございますのでご自身の環境で動作するか確認用に利用すると便利だと思います。

 

海外で日本のテレビ © 2016