Panasonic ディーガを丸ごと海外転送




日本の自宅でテレビを見る際、テレビ+ブルーレイディスクレコーダーという組み合わせは定番ですよね。このようなブルーレイディスクレコーダーで録画をして後でテレビを見るというわけです。

DMR-BR-160-K

しかしこの機器は日本のご自宅で利用するに過ぎず、残念ながら海外で利用することはできません。(もちろん海外に持っていってもシグナルがないので使えません。)ブルーレイディスクレコーダーというのはそもそもテレビの電波しか理解ができない機器です。電波は遥か彼方海外まで引っ張ることができませんので海外からテレビを見るすべはないというわけです。

海外と日本をつなぐ方法としてはインターネットがあります。インターネットは電話回線なので国際間の転送も自由自在に行える非常に便利なものです。しかし、インタネットの信号とアンテナ線から出る電波の信号とでは全く言語が違いまるでアメリカ人の英語と日本人の日本語というような違いがありお互いに全く通じない別のものになってしまいます。

ではその間に通訳が入ったらどうでしょう?通訳を通して意思の疎通ができるようになってきます。そんな通訳がテレパソ一式で行うことができます。テレパソ自体はコンピュータのシステムとなりますのでインターネットを理解することができます。ディーガは地デジチューナーですからアンテナシグナルを理解することができます。この機器同士をつなぐことでアンテナシグナルをインターネットで理解できるシグナルに出力。テレパソで海外まで送ることができるようになるのです。

telepaso-with-diga

ディーガでテレビを見るときリモコンで調整しますよね?この作業もテレパソ内に組み込まれたディーガのリモコンをインターネットでわかるシグナルにプログラムしてディーガに理解させることができるようになります。つまり、海外から自分専用のWEBページを開くことで遥か彼方日本に設置しているディーガを丸ごとコントロールすることができるのです。それだけではありません。ディーガから出力されたHDシグナルをコンポーネント出力することでHD画質のままファイルとて保存、転送ができるようになります。

現行のデジタル規制ではコピープロテクションがかかっているためにその規制を解除しない限りコピーはできません。しかしテレパソではコンポーネント出力(アナログ)することでデジタルではなく、従来のアナログ波として扱うことができるためコピープロテクションなどがそもそもないアナログ波でご利用いただけるの為、デジタルとは違い扱いやすいデータでご利用になれるというわけです。

設置は簡単です。

1 日本の設置場所にパナソニックディーガ(型番上記参照)を設置します。

2 テレパソ一式をパナソニックディーガとつなぎます。

3 テレパソをインターネットにつなぎます。

たったこれだけの3ステップですべての調整はシリコンバレーのエンジニアが行います。セキュリティーの設定、TVのチューニング、ルーターの設定、接続キーの発行という難しい作業はすべてお任せください。日本でしていただくことは設置のみ。ディーガの初期設定も不要です。

2月は海外からは視聴できないオンディマンドやラジオも聞けるようになるVPNサーバー$100無料でおつけしているほか、PLEXサーバー機能$100もさらに無料でおつけしております。日本のテレビ番組をリアルタイムで視聴はもちろんのこと、録画したファイルを海外までダウンロードができるテレパソ。海外の生活が120%快適になること間違い無しです。海外の回線環境は日本ほど良くありませんのでHD画質で海外の大画面でテレビを見るというほどのデータ転送は非常に難しいのが現状です。テレパソではHD画質を保ちながら特殊な圧縮をかけるため高画質なのにファイルサイズを小さくして転送ができます。日本で視聴する画像と変わらない画質でご利用いただけます。ぜひご利用ください。

oct2014

今すぐ購入
海外で日本のテレビ © 2016