データ制限関係なし!

13 Sep 2013



 

テレビを海外から見るにはいろいろな大量のデータを転送しなければなりません。現在画質がより高画質へとなる反面、それらのデータ量は膨れ上がり回線事情が追いつかないのが現状です。ローカル(自宅内)で視聴するには速度は問題ないのですが、これを海外に運ぶとなると大きな問題になってきます。

 

下記は諸外国の回線事情を表したグラフです。あのIT先進国アメリカと比べても日本の回線がいかに飛び抜けて高速かという事がおわかりになるかと思います。多くの方はこの高速の環境から海外に出発されるため、海外のとてつもない低速環境に驚かされることでしょう。

 

world-speed-plans

 

地デジに移行した現代では、テレビ番組のデータ量が膨大になっています。その為今迄のようなギガバイトという容量からテラバイとというような膨大な保存スペースが必要になってきてしまいます。このような大量のデータを毎日海外に運ぶ事は現実的ではありません。

 

仮に運べたとしても、お使いの回線業者からの規制がかかり(プロバイダーには大抵1日のネットワーク転送容量の制限がございます)速度が急激に遅くなったりという制限がかけられてしまいます。

 

YouTube, Hulu などで動画を視聴される方も多いかと思いますが、これらもすべてデータが転送されています。裏では膨大なデータが水道水の様に流れているイメージです。

 

streaming-jaguchi

 

不便なのはこれはは1回きりの視聴であること。回線がない場所では視聴できないことです。これらの番組のような再生方法をストリーミング再生と呼びます。ファイルが残らないため、常に回線依存でなければ再生ができません。

 

WatchJTVのテレパソのライブ視聴、ストリーミング再生がこれにあたります。これに加えWatchJTVのテレパソでは、水道の下にバケツを設置しファイルを保存するという視聴方法も選択できます。

 

この事によりテレビの番組ファイルがバケツの水のような形としてのこるため、海外側で回線を切った後も何度も再生ができるようになるのです。つまり1度ダウンロードしてしまえば、何回再生する場合でも回線は利用しないでご利用いただけるというわけです。

 

小さいお子様がいらっしゃるご家庭ではお子様は繰り返し同じテレビをみますよね?そんな場合でも録りだめたファイルをすべて保存しておけばいつで再生が可能です。もちろん回線環境のない飛行機の機内や公園などでも視聴ができるのです。

 

WatchJTVのテレパソは、海外在住者のニーズにあわせて設計されております。海外では日本と時差もございますのでいちいち録画終了を待って朝ダウンロードするということでは不便です。テレパソでは1時間おきにお使いの登録されたPCと自動通信をし、録画終了後自動で番組をダウンロードする事ができます。時差のあるアメリカなどでは夜中寝ている間にダウンロードが完了し、朝はテレビをつけて見るだけ。という状態でご利用いただけます。

 

itune-auto

 

テレビはテレビで見れなければテレビでない!しかしいちいちPCとテレビをHDMIケーブルでつなげて。。。などという作業も毎日となると面倒です。テレビの為にコンピュータを1台繋げっぱなしに。。。なんていうのももったいない話です。

 

テレパソご利用であればこの点もバッチリです。海外のテレビにAppleTV(キャンペーン中は全員にプレゼントしております。)を取り付けます。

 

appletv_smallsize

 

たったこれだけで

1. 海外のテレビをつける

2. 日本のテレビを見る

という魔法のような環境を構築できるのです。(しかもカクカクせずスムーズ再生です。)

 

画面はこんな感じです。録画された番組が次々と自動でアップデートされ最新の番組をタイトルを選択するだけで視聴が出来る様になります。

 

テレビで視聴

 

ですので、2歳のお子さんがこんな風に自分で自由にテレビをみる。という事も可能になるのです。

 

1087821_63154229

 

また高学年のお子様がおられるお宅では高校生の娘さんがバラエティー番組を。中学校の息子さんがアニメを。などと番組争いが発生するそうです。(笑)そんなときでも問題はございません。各部屋にAppleTVをつけておけば複数台のテレビで同時に別の番組を視聴したり、もちろん同じ番組を同じ時に別の部屋でみる等という事も可能になります。

 

appletv-output

 

番組がダウンロードでき、データが海外にあるため1台のPC内で複数のテレビで出力する事ができるのです。

 

海外在住者の方はお父さんは出張が多い。ということもあるのではないかと思います。そんなときでも問題ございません。アプリ不要でどこからでもアクセス出来る方法がテレパソにはございます。

 

ブラウザーさえあればどのPCでもモバイルでもアプリ不要でアクセスができます。テレパソ1台につきご自身専用のWEBアドレスを発行しておりますのでそちらから機器に依存する事なくご利用ができるようになります。会社等のPCでインストールができない機器でも簡単に視聴が出来る様になりますので大いにご活用いただけます。

 

plex-url-access

 

テレパソの機能はまだまだ続きます。テレパソのデータを直接モバイルでダウンロードする事も可能になりました。

 

IMG_1146

 

このような感じでPCがない場所からでもファイルのダウンロードができるのです。たった1台日本のご自宅にテレパソを設置するだけで100%日本のテレビ環境を拡張する事が出来る様になります。

 

テレビ番組は動画です。動画といえばiPhoneなどでとりだめたたくさんの動画ございませんか?それらの動画家族に見せたり友人に見せたりする際非常に手間がかかりますよね?Youtubeにアップデートして公開したり、DropBoxで共有したり。。。。様々な方法がございますが、実はこれらのデータはすべて第3者のサーバーに保存されるという実に危険な方法でもあります。

 

テレパソの新機能クモパソではテレパソの外付けに1TB-4TBまでの大容量のハードドライブを追加する事ができます。その中にDropBoxと同様のパーソナルクラウドという機能を追加する事ができます。利用方法はほぼDropBoxと同様です。大きな違いはファイルの保管先が自宅であることです。

 

hd-plain

 

kumo-login600

 

WEB形式で簡単にどこからでもログインし、ファイルのアップロード、共有等が可能となります。音楽ファイルを保存すればどこからでもお気に入りの音楽を聴く事ができるようになります。

 

kumo_yamada
2Gまでの大きなファイルをアップロード可能!一家に1台で家族分のアカウントを作成し、それぞれ別のファイルスペースを管理する事ができます。また別の使い方としては、今迄録画した番組ファイルを永久保存する事も可能です。最大3年半分の番組データを保存出来き、いつでもどこからでも再生が可能となります。

 

永久保存した番組ファイルはDVD等でやいて戸棚にしまってという方法が主流でしたが、常にオンラインのサーバー内に保存しておけば戸棚の場所もDVDの媒体も一切不要というばかりではなく、いつでもどこからでも見たい時に視聴するということが可能となります。

 

色々使えるテレパソです。使っているうちに自分の環境にあわせた構築方法で快適テレビ生活構築出来ます。

 

 

 

海外で日本のテレビ © 2016