AppleTVをVPN接続する方法

海外でお使いのAppleTVでは、日本のコンテンツは利用できません。Netflix, Hulu, Jリーグオンディマンドなどせっかく日本語のコンテンツ満載なのに海外のものしかアクセスできません。これはAppleTVをつないだ国のコンテンツにしかアクセスができないためですが、今日ご紹介する魔法のスティックを取り付けるだけで今お使いのAppleTVでVPN接続ができるようになります。
appletv-ondemand-us-jp

AppleTVについて

AppleTVはテレビとHDMIケーブルに繋いで利用するセットトップボックスです。AppleIDを取得することでAppleTVからログインをし、映画や音楽を購入することができます。最近では、オンディマンドもAppleTVのメニューに追加され、アメリカ大手のNetflix, HuluなどもAppleTVだけで見ることができます。AppleTVは世界どこで購入しても全く同じように利用ができます。どのテレビにつなぐことも可能です。(PALやNTSC、DVDのリジョンのようなものは一切ありません。)また言語設定も日本語にすることも可能です。
AppleTVを見るにはAppleIDを登録する必要があるのですが、このIDは自分の自国(みたい国)から取得します。日本人の場合は日本のAppleIDをとることで日本国向けの映画やテレビが表示されるというわけです。ただ1つだけ問題なのは、例えばAppleTVを日本のIDでつなげても、そのAppleTVをアメリカに持って行ってアメリカのインターネットに繋いだ場合、Netflix, Hulu, Jリーグオンディマンド他日本語の字幕、音声、コンテンツにはアクセスができなくなってしまいます。
これはAppleTVはインターネットの接続した国のコンテンツしか視聴できないようになっているためです。

AppleTVを海外で使う

AppleTVに含まれている、Netflix, Hulu, Jリーグオンディマンド他の様々な日本語コンテンツは、実は海外からは利用できません。たとえAppleIDが日本のものでも日本のコンテンツに海外からはアクセスができないようになっています。
仮にAppleTVが日本にあればもちろん日本のコンテンツが見れるわけですが、物理的には海外にあるので非常に不便なのが現状です。しかしこの魔法のようなスティックをテレビに1本さすだけでAppleTVで日本のコンテンツを海外から視聴することができるようになります。
small-pc

このような小さなスティックをテレビのHDMIにさしてインターネットにつなぎます。

stick-tv-hdmi

このスティックとAppleTVをLANケーブルでつなぎます。

LAN-Cable-With-0-51mm-Bare-Copper-Conductor

たったこれだけで、海外で英語版でしか使えなかったAppleTVが日本語版に早変わりするのです。

netflix-japanese-ondemandstic

不思議ですよね。この裏には複雑で技術的な仕組みが詰まっています。この魔法のようなスティックはテレビに挿すだけでなんと日本につながります。日本につながったスティックとAppleTVを繋げることでAppleTVも一緒に日本経由での接続ができるという仕組みです。

日本に一旦経由してからアクセスするため、AppleTVは日本に接続するわけなので海外のテレビ画面でも日本のコンテンツで表示できるようになります。このような接続をVPN接続と呼びます。

VPN接続とは?

VPN接続とは、親機=子機 のように1対でつながり同じネットワークを構成する高度の高い接続方法です。親機の方を日本においておき、子機を海外に持ってきます。子機はいつでも親機につながっているので子機を海外に持ってきても子機は常に親機(日本)とつながり続けます。海外に持ってきた子機にAppleTVをつなげることで、子機が一緒にAppleTVも親機の元(つまり日本)まで接続を持っていってくれるというわけです。
vpn-network
ここでいう子機は、海外のテレビにつなぐオンディマンドスティックとなります。子機がつながる親機の設置方法には、3つの選択肢がございます。

自宅に親機を置く

日本のルーターにつなぐだけで設定は一切不要で親機を構築できます。自宅に設置するので一番安全な方法です。

ondemand-no-pc-kaigai

Amazonに親機を置く

日本にあるアマゾンのサーバー内に親機を設置しそこと子機を常時つなぐようにする。

ondemand-no-pc-amazon

他業者のVPNを使う

インターネット上にはたくさんのVPNサービスがありますのでそのようなサービスを使いそれを親機とする。

ondemand-no-pc-gyosha

いずれの場合も親機はすべて日本に設置され、子機は手元(海外)においておくわけです。このことで子機は常時親機とつながるため子機につなげたすべての機器は日本経由でのアクセスができるという魔法のようなことが起こります。

どこに親機を置くか?

上記3つの選択肢で親機を設置することができますが、具体的にどのようなことをすれば良いか詳細に明記してゆきます。

自宅に親機を置く場合

オンディマンドスティックVPN(親機)を日本の電源コンセントとルーターに有線でつなぎます。これで電源スイッチを入れていただくだけで親機設置完了です。
必要なもの:

オンディマンド親機 $199 (送料別) + (月$5.99)
LANケーブル1本

ご利用はこちらのリンクより
ondemand-server-manual

Amazonに親機を置く場合

オンディマンドスティックVPN(親機)の機能を日本のアマゾンのクラウドに置く方法です。日本側での設置作業は一切不要です。

必要なもの:

初期設定費用: $20 (月$14.95)

ご利用はこちらのリンクより

業者のVPNを使う場合

業者のVPNサービスを利用することも可能です。(利用できない業者もございますのであらかじめご確認ください。)

必要なもの:

初期設定費用: $20 (月$5.99) *別途ご契約の業者のVPN接続が必要です。

ご利用はこちらのリンクより

子機の設置

子機は海外側(使いたい側)に設置します。VPNの接続設定ができるコンピュータやモバイルでの利用であれば子機は不要です。VPN設定ができない海外のテレビ、AppleTV,WiiU,プレーステーション他どのような機器でも子機(オンディマンドスティック)があればVPN環境にすることができます。

必要なもの:

子機オンディマンドスティック $199(送料別)
LANケーブルまたはルーター(例えばAppleTV, PS3, WiiUを全部まとめてVPN接続環境にしたい場合など)

アメリカ国内または日本への配送ご希望の場合
ご利用はこちらのリンクより

アメリカ日本以外の海外へ配送ご希望の場合
ご利用はこちらのリンクより

海外で日本のテレビ © 2016