従量制の海外でも回線料金気にせず高画質




日本では考えられないかもしれませんが、海外ではまだまだ従量制(データを使っただけ課金される)インターネットが存在しています。これはもう速度がでるでない以前の問題です。動画のファイルは高画質になればなるほどデータ量が多くなります。ストリーミングで再生すれば再生中はずっとデータ転送しますから、従量制では怖くて長時間視聴はできません。

 

テレパソではこのようにワンセグサイズ(とはいっても電波はフルセグなので画質は高画質です)の小さな画質からフルHDの大きな画質まで録画選択が可能です。ファイルの画質を1つ変えるだけで大幅にデータ量が変わってきますのでお使いの国のインターネット環境に合わせた録画サイズで録画し、ダウンロードすることで何回でも回線なしで繰り返し再生することができます。

 

ストリーミング再生の場合は再生するたびデータ量がかかりますので海外での利用には向いていません。海外のプロバイダー、日本のプロバイダーそれぞれ1ヶ月の回線利用にはデータ量制限があります。(30GB程度のプロバイダーが多いです)

 

一定のデータ量を超えますと速度が減速されてしまうことがありますのでストリーミング再生の際には使いすぎに注意が必要です。

 

テレパソはお使いの環境にあわせて22種類の画質で録画することができます。海外在住者の為に設計しておりますので、海外在住者に必要な設定が多く搭載されております。

 

海外でたくさんのご苦労をされるのですから、自宅に帰ってからはホッと一息なさってください。テレパソがお手伝いいたします。

 

海外でちょっとだけ贅沢に日本のテレビを視聴する機器導入
海外で日本のテレビ © 2016