60インチの海外のテレビで日本のテレビ




最近、電気屋さんで4Kテレビというものが当たり前のように売り出されるようになりました。テレビの画面も段々大きくなり60インチではもう大画面というより普通の画面になってきている気がします。

海外でお住いの皆さんも海外のリビングにドカーンと大型テレビがあるかもしれません。60インチほどになるとiPadなどで視聴していたサイズより大きくの引き延ばされるので元々の画質がある程度ないと日本で視聴していたように綺麗な視聴ができません。

quality

日本ではフルHDという1920 x 1080の画質で視聴されていると思いますが、これをワンセグやストリーミング再生にするとこの通り。かなりもとの画像を伸ばして視聴することになります。元々の画像の画面(小さな画面)で見る分には問題はないのですが、60インチのテレビとなるとモザイク画になりぼやけて視聴することはできません。
人間は贅沢なもので、HD画質を知らなかったアナログ時代であれば特に気にならないのですが、HD画質に慣れてしまうと前のアナログ時代の画質にはなかなか戻ることができないのです。
ただ高画質といっても海外には色々な回線事情もございますので、やはり小さく録画して転送する方が使い勝手がよい環境の方もおられるかと思います。
1080
テレパソではこのようにご利用の環境に合わせてワンセグサイズの小さい画質(画質はフルセグです)から1080HDの高画質(日本で視聴されているのと同様の画質です)まで録画選択が可能です。録画処理後は海外の登録PCに自動でダウンロードされてきますのでAppleTVやクロムキャストをつないだテレビで超高画質での再生が可能となります。

海外の60インチのテレビで日本の番組をストレスなく(カクカクしません)最高画質で視聴できるのがWatchJTVのテレパソです。今日本でお使いのレコーダーでご利用も可能です。一度ご相談ください。

海外で日本のテレビが快適に見れるシステム詳細

海外で日本のテレビ © 2016